検査前に静脈麻酔剤を注射してから内視鏡を行う方法です。。

内視鏡施行中は軽い麻酔がかかった状態になるため、内視鏡による痛みや苦痛が軽減されます。心肺機能に障害のある方や妊娠中の方、薬のアレルギーがある方以外には使用可能です。合併症としては非常にまれに呼吸抑制などが報告されておりますが、当院では常に呼吸、血圧、脈拍のモニタリングと酸素飽和度のチェックを行い、必要に応じて適切な処置が行えるように体制を整えております。
麻酔がかかっている状態なのでご自分の胃内を検査中に見る事はできませんが、検査終了後にポラロイド写真にて結果のご説明を致します。