花粉症とアレルギー性鼻炎
花粉症は花粉が原因で起こるアレルギー性炎症です。
主なものは花粉によるアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎です。
花粉症の症状は鼻汁と目のかゆみですが、のどの痛みが出現する事もあります。
アレルギー性鼻炎の原因は花粉以外にも、ダニ、カビ、ペットの毛などがありますが治療法はほぼ同じです。
花粉症の場合はスギ花粉以外の原因物質(アレルゲン)でも症状を起こしますので別の原因物質があるかどうかは血液検査にて確認する事ができます。
花粉は都内では2月中旬から飛び始めますので東京では1月下旬から2月の上旬に内服を開始するのが適当でしょう。
花粉の飛散は雨や雪などで減少する時期もありますが、抗アレルギー薬は予防効果を期待していますので、途中で中断せずに花粉飛散が少なくなる時期まで(具体的には4月の終わりから5月初旬)継続することが望ましいです。
花粉症は春のほうが多いのですが、ブタクサが原因物質の場合は秋にも症状が出現します。